ブライダル撮影記

つい先日、霜月が入っているバスケットボールチームeffectのメンバー、マッキーこと牧野隆仁君の結婚式で撮影をしてきました。 

式前の準備~始まり、式、披露宴、二次会・・・と進むほど撮影は困難を極めました。挙式、披露宴とフルの撮影は今回が初めてだったわけですが感想としまして・・・「難易度めっちゃ高い!」ということです。
撮影場所の確保はもちろんですが、入退場時の扉の位置確認や進行プログラムの内容をこと細かに把握できていないと、どんどん難易度が高くなるということを実感させられました。 披露宴中はスポットライトが被写体に当たるだけで露出が完全におばかさんな状態になってしまうため、白飛びしまくり。 現場の空気感を取り込むために、ブライダル撮影初めてにも拘らずストロボ(フラッシュ)を一切使用しないままの撮影を敢行。 その時その時を瞬間的に見極めてカメラの絞り、SS、感度を変更しなければ厳しい状態となってしまい、全て使えない写真になりそうで大変でした。 一応撮影した画像を確認しましたが、なんとか見れるのはあったのでよしとしてます。
 
これに懲りてまたブライダル撮影の機会があったら次はストロボを必ず装備していく・・・なんて弱気にならないようにしたいものですw なぜなら「現場の空気感をぉぉぉぉ」という気持ちは今も変わらず。逆にストロボ無しで良かったと満足しています。 あまり慣れていない方は、ストロボ、フラッシュのご使用を強くお勧めします。一度キリの結婚式や披露宴ですので「あ、今のもう一回」など無いので・・・w
また、もちろん気をつけてはいましたが本職ブライダルカメラマンの方のお邪魔になってしまう場面もあったかと思いますのでこの場を借りてお詫びさせて頂きます。m(_ _)m
友人でもあり、同じチームのメンバーでもあるマッキーの結婚式へ参加をさせてもらい、大変光栄でした。
マッキー、奥様、この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。m(_ _)m

末長くお幸せに(^^)

※撮影した画像は本人に確認した所、掲載はNGとのことでしたので掲載は見送ることにしました。写真がなくてすんませーんm(_ _)m