出会い Encounter

今日は出会いがあった一日でした。

奥入瀬渓流にて。

いつものように写真を撮ろうと現場へいくと、大きな観光バスがいるのに気が付きました。

BA6R4308

ちなみにこんなのを撮ってました。

奥入瀬渓流は有名な観光地なので珍しくないんですが、
三脚、カメラを持った人達がぞろぞろぞろ・・・

何かの写真教室かな~なんて思ってみていると、
何やら見たことのある人が・・・。

あ!

米さん!

前田真三賞を受賞したことのある、あの超有名写真家 米美知子さんでした。

思わず、米さんですよね?と声をかけたら、気さくに はいそうでーす(^^)ニコニコ

と返事してくれました。

実は色々とお話をしたかったんですが、ここは奥入瀬渓流。
決して喫茶店ではありません。

話を切り出すにも場が悪いんです。

写真を生業にされている方は撮ってなんぼだと思うので、
ここで話しかけたら迷惑になるはず。
なので心を鬼に。

米さんの本何冊か持ってますよ~や、
審査員に名を連ねているコンテストによく出してますよ~や、
青森が~とか、次いつ来るんですか~とか、
色々報告と質問としたかったんですけどね・・・。

米さんは青森によく来ていると風の噂で聞いたことがあったので、
もしかしたらいつか現場で遭遇なんてあるのかも・・・

と思っていたらありました(^^)

宿の場所聞いてみたらよかったな・・・大失敗・・・

次またお会いできることを祈りましょう~(´;ω;`)

帰り際、米さんが明るく声をかけてくれました。

あーなんと神々しい米さん。
いや、より愛称を込めて みっちゃん。でいかせて頂きますw

奥入瀬に来る前に蔦沼でこんなのを撮ってました。
↓霧がかる蔦沼
BA6R4245-2
BA6R4293-2

以上、
最高な一日でした(^^)

今日の一枚

150001

蔦沼の星空

 
青森県は八甲田山、岩木山、釜伏山、白神山、梵珠山、などなど
たくさんの山々に囲まれているために
山間部では雲や霧が発生しやすく、
曇り空になる日が多いと思います。
 
この日は快晴。
昼間は、撮っても明暗部がはっきり分かれてしまう為、
何も撮らずに夜を待ちます。
 
明かり一つない真っ暗闇の中、山の中の蔦沼までいくわけですが、
実はもう慣れたもので、ランタン1つあれば普通に歩けちゃったりします。
 
熊や野生動物が多く生息する地域だとそうはいかないと思いますが
蔦沼は幸い野鳥位しかいないよう。
熊に注意の看板もないですし、かなり安全区域だと思います。
(それは蔦沼までのことで月沼や奥までいくとどうかな・・・)
 
暗闇は、視覚情報を全て奪い、不安な心理を増大させますが
ランタンの明かり一つで全て解決です(*´∇`*)
 
だぁれもいない山の中、風の音と、木々のざわめきだけ。
長時間露光をするためにランタンを消すと、
そこには月明かりに照らされた沼と星空が浮かび上がります。
 
そこではじめて、「やっぱりきてよかった」
そう思う瞬間です。